イメージ画像

美白化粧品~顔のくすみの原因は?~

顔のくすみは、発見するととても嫌な気持ちになるものです。 メイクをするからいいというものではなく、 できればくすみそのものを改善したいもの。 メイクで隠すにしても限界がありますし、 ファンデーションの厚塗りになるのも良くないですからね。 シミやくすみの原因は、血行が悪いことや、 紫外線を浴びてお肌がダメージを受けたことなどです。

くすみの正体はメラニン色素ですが、これは紫外線と大いに関係があります。気を付けていても、誰でもある程度は紫外線を浴びてしまうものです。一度浴びると、その後2週間くらいはメラニンが作り続けられてしまうのです。
ロクシタン

それでも、お肌の代謝が活発であれば、 次々と新しい細胞に生まれ変わっていくので それほどくすみは気になりません。 でも加齢やストレスなどで代謝が衰えると、 くすみやシミが目立つようになってきます。 できてしまうものは仕方がないと放っておくと、 ますますシミは増えてしまい、 気付いた時には取り返しがつかなくなってしまうのです。

またくすみは、お肌の水分量とも関係があります。 水分をたっぷり含んだみずみずしいお肌は、 くすみとも無縁に感じられます。 でも乾燥しがちだったり、加齢によってお肌が水分を 蓄えられないと、くすんで見えてしまうのです。

若いうちはくすみのない透明感のあるお肌の持ち主であっても、 油断は禁物です。 年齢を重ねることにより、誰でも多少は 代謝や保水力が衰えていくものだからです。 とくに冷え性だったり、日頃から血行が悪いという 自覚がある人は要注意です。

血行が悪いと体のあちこちに悪影響があらわれますが、 お肌にも当然良くないのです。 顔の部分の皮膚にも十分な血液が行き渡らないと、 どうしても顔色が悪く、くすんで見えてしまいます。 こうなると、メイクでもなかなか隠せなくなりますから、 血行を良くするように心がけることが大切なのです。

このようにくすみの原因はいろいろあります。 心がけ次第では、年齢を重ねても、くすみのない きれいなお肌を維持することは可能です。 まずはくすみの原因となるようなことを 一つずつ取り除くようにしましょう。

美白のための野菜摂取法

美肌を目指すために、野菜を食べたほうがいいと言われますよね。 確かに、脂っこい食べ物と比較をすると野菜の方が肌にとって良い成分を含んでいます。

ですが、何も考えずに野菜を大量に食べていれば、それがシミ対策や美白ケアに繋がるというわけではないんです。 例えば、野菜の中には身体を冷やすものがあるということはご存知でしょうか。

身体を冷やす野菜ばかりをたくさん食べてしまった場合、血行不良にも繋がりますよね。 血行不良は肌荒れの大きな原因でもあるので、自分が好んで食べている野菜は身体を冷やす野菜ではないか確認してみるといいでしょう。

身体を冷やす野菜といってもなかなか思い浮かばないかもしれませんが、暑い地方でたくさん作られる野菜や、夏が旬の野菜は身体を冷やしてしまうと言われているので、これをひとつの目安にしましょう。 具体的には、きゅうり、セロリ、大根、トマトなどです。

シミに悩んでいる人の中には、ニキビが悪化してしまったことが原因で色素沈着が起こり、それがシミとなって表れてしまったという人もいますよね。 ニキビは、身体がのぼせた状態になった場合にも発生しやすくなります。

そのため、ニキビができやすいという人は、身体を温める食材ばかりを食べていないか確認してみるのもいいでしょう。 この場合は、身体を冷やす野菜を積極的に食べるのもニキビ予防に効果的です。

また、肌荒れの原因の一つに便秘も挙げられますが、便秘気味の人も身体がのぼせた状態になっている可能性があります。 もちろん、冷え性でもあり便秘でもあるという人もいるので、便秘の人全てがのぼせている状態になっているわけではありません。

ですが、冷え性ではないけれど便秘だという人の場合、身体を冷やす野菜を多めに取り入れるようにするといいですね。 美肌を作るためには様々な食材をバランスよく食べることが大切なので、野菜だけを食べていればいいというわけではありません。 魚や肉などもしっかり取り入れましょう。

老人性色素斑とはどんなシミ

老人性色素斑とは、濃くて目立つ茶褐色のシミです。 老人性という名前がついているので歳を取ってからできるものだと思っている人もいるかもしれませんが、実は20代後半から老人性色素斑が目立つようになってしまい、悩んでいる人もたくさんいます。

老人性色素斑の大きな特徴としていえるのが、日光を浴びることが多いところにできやすいということです。 例えば、顔や手の甲などですね。 背中があいた服を着ることが多い人は、背中にも老人性色素斑ができてしまうことがあります。

サイズは人によって様々で、そばかすのような目立たないものから、かなり大きなものまで非常に幅広いです。 一般的に、シミといえば大部分が老人性色素斑であると言えるでしょう。

なぜ老人性色素斑ができてしまうのかというと、大きな原因は紫外線によるものです。 紫外線を浴びた肌はメラニンという色素を発生させて肌を紫外線から守ろうとするのですが、このメラニンがうまく排出されずにいつまでも肌に留まってしまった状態がシミです。

そのため、老人性色素斑を予防する最大の方法は紫外線対策ということになります。 紫外線を浴びなければメラニンは発生しないわけなので、シミの原因でもあるメラニンの発生を防ぐことが重要なんです。

紫外線が強い時期はメラニンも発生しやすいわけなので、日焼け止めクリームを塗ったり日傘をさすなどして紫外線対策に力を入れましょう。

残念ながら老人性色素斑ができてしまったという場合も、諦めずに対策を取れば徐々に薄くなっていきます。 まだ初期段階の老人性色素斑ということであれば、美白化粧品を使うだけでも効果が期待できるので、まずは美白化粧品から試してみてはどうでしょうか。

ハイドロキノンという美白成分が配合されたものがおすすめです。 老人性色素斑が非常に目立つ状態になってしまった場合、美白化粧品だけではケアが追い付かない可能性があります。

美白化粧品を使い続けても効果が実感できない場合は、レーザー治療を検討するのもいいでしょう。

このページの先頭へ